教員免許について

このページでは、教育学選修で取ることのできる教員免許について説明します。

幼稚園一種、二種

小学校一種、二種

中学校一種、二種

高等学校一種、二種

養護学校一種、二種

社会教育主事の資格、

学芸員の資格

社会教育主事と学芸員について


社会教育主事とは、
公民館少年自然の家などに勤める人達のことをいいます。このような施設で働く際に、必要となる資格がこの資格です。また、学芸員とは博物館美術館などで働く人達のことで、このような施設で働く際に必要な資格がこの資格です。

一種と二種の違いについて


教員免許には、一種と二種という二種類の免許があります。一種と二種では取る単位数に差があります。
一種では単位数が多くなり、なかなかきつい。二種は取る単位数が少ないので、楽に取ることができます。しかし、一種は取る単位数は多いんですが、就職してからの給料の上がり幅が高く、管理職になることもできます。逆に二種は、取る単位数が少ない分、就職してからの給料の上がり幅が低く、管理職になることもできません。少々きついですが、教員免許は一種を取ることをお勧めします。